インプラント|新城の歯医者なら今泉歯科へお越し下さい

今泉歯科

0536249900

image

インプラント

インプラント治療

image

むし歯や事故などによって歯が失われてしまった場所の顎の骨に、歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

人工歯であるインプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、他の歯にダメージを与えることなく、噛む力を回復させることが可能です。

インプラントのメリット

天然歯と同じ感覚でものを食べることが出来る

インプラント治療は天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。
自分の歯と同じように堅いものや粘着性のものなど何でも噛むことができ、食事の際の不自由さから解放されるのです。
インプラント治療は歯だけでなく、失った歯根まで再生することが出来る為、現在機能的に最も優れた治療法だと考えられています。

隣りの歯を傷つけません

歯は削ってしまうと寿命が短くなるといわれていますが、インプラント治療は歯を失った部分のみを治療しますから、両隣の健康な歯まで傷つけてしまうことがありません。
また、入れ歯もクラスプ(歯に引っかける金)によって歯が抜ける方向に力がかかります。
しかしインプラントは周りの歯に一切力がかからないので安心です。
健康な歯は、健康の歯のまま残したいという方にインプラントは最適な治療法なのです。

見た目が綺麗で、歯を気にすることなく生活が出来ます

インプラントは見た目が自分の歯と同じように綺麗に仕上がる為、前歯部にも対応することが可能です。
歯は、1本失うだけでも審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼしてしまいます。
従来、失った歯を取り戻す為の治療法である入れ歯等では金具が見えてしまうなど、審美性という観点からは多くは期待できませんでしたが、インプラントにおいては、そのような問題を解決することが出来ます。

ノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています

当院が使用しているインプラントは、世界で最もインプラントの歴史が長いノーベルバイオケア社のインプラントです。ノーベルバイオケアは歯科インプラントを世界で初めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。

ノーベルバイオケアのインプラントシステムは世界70カ国以上で使用されており、主に先進医療を行 っている病院などで多く使われています。長い歴史と多くの経験から、高精度・高品質な材料を安定して提供してきた、世界トップシェアを誇る一番信用の高いインプラントシステムです。

また日本においても、歯科用インプラント市場においてNo.1のシェアをもっています。患者様にとってインプラントは一生お付き合いするものです。 より長くそして安心してご使用いただけるように、患者様の安全を第一に考え、当院はノーベルバイオケア社のインプラントを採用しています。

image

ノーベルバイオケア社のインプラントを使用するメリット

メリット1 幅広い適応症例

汎用性に富み、あらゆる症例に対応できるため、最も高価でブランド価値が高いといわれています。

骨の条件の悪い患者様に対しても広く対応が可能となっており、ドリルも最も複雑に細分化され、患者様の骨の厚さ・硬さ・状態を考慮しつつ対応することが可能です。

メリット2 転院時も安心

治療を受けた歯科医院に一生通院することができない場合は多々あります。

そのような場合に、あまり普及していないインプラントメーカーだと次の歯科医院を探すことが困難になりますが、トップシェアを誇るインプラントメーカーを採用することで、安心してご使用していただけます。

メリット3 充実したアフターサポート

患者様にとってインプラントは何十年と長く使用していくものです。

その中でパーツに不具合が生じた場合、メーカーによるサポートは必要不可欠です。「ノーベルバイオケア社」はそのようなアフターサポートが万全で、将来にわたって信頼できるメーカーです。

インプラント治療の流れ

Step1 診査・診断・治療計画

image

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、歯の大きさや位置により、治療法にも様々な選択肢があります。
歯科用CTなどを使い、口腔内全体の細かい審査をした後は、患者様のニーズに合わせて治療計画を立て、術式、治療期間、費用、リスクなどのインプラント治療に必要な説明を行います。

Step2 インプラント埋入手術

image

インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨に穴を開け、インプラントを埋入します。
術前には局所麻酔を行いますので、痛みはほとんどありません。

術後はインプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます。(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)

Step3 アバットメントの接続

image

インプラントと顎の骨がしっかりと固定されたのを確認したら、人工歯の土台となる部分(アバットメント)をインプラントと結合させます。
アバットメントとインプラントがしっかりと固定されるまでにおよそ1~6週間かかります。

Step4 人工歯の作製・装着

image

インプラントと骨が充分に結合したことが確認出来ましたら、人工歯の作成を行ないます。
患者さんの理想の歯並びと、最適な噛み合わせを計算し、歯型をとります。
形や色等は患者様に合わせて作製し、人工歯が完成したらそれをインプラントに装着し、治療は終了となります。

[治療後の継続的なメンテナンスが何より大切]

インプラントを長持ちさせるためには、継続的なメンテナンスが不可欠です。
定期検査は、装着後の一週間後、その後はだいたい1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に行います。定期検査ではインプラントの使い心地や経過状況など伺いながら、噛み合わせと清掃状況のチェックを行います。

ページトップへ戻る