予防歯科|新城の歯医者なら今泉歯科へお越し下さい

今泉歯科

0536249900
WEB予約はこちら

image

予防歯科

もっと予防歯科へ

image

~予防歯科はなぜ大切?~

お口は命の入口

人が生まれて初めて笑うとき、食べるとき、話すとき、周りの人を幸せな気持ちにします。
そして人が最後を迎える時まで笑う、食べる、話すことができたら幸せな人生だったと感じるでしょう。
このように乳幼児期から老年期まで、「お口の健康」は幸せに生きる力を与えてくれます。
そして、この生きる力を支える医療が歯科医療であると私たちは考えます。
お口の健康から全身の健康を守るために「予防歯科」を始めましょう。

~どんなことをする?~

ひとりひとりに合わせた予防プログラムを組みます

今泉歯科にかかっていただく患者様には基本的に全員に「MTM(メディカルトリートメントモデル)」という予防プロセスをおすすめしています。
ご来院していただいた患者様にはまず検査を受けていただき、虫歯や歯周病になるリスクを判定します。
その結果に合わせて、ひとりひとり最適な予防プログラムを立てます。
さらに、そのプログラムをもとに、歯科医師、歯科衛生士が、患者様ごとに最適な処置、アドバイスをしていきます。

~MTMって何?~

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは

MTMとは、初期のリスク評価から、個々の患者さんに合わせた予防プログラムの立案、最小侵襲治療などを行い、定期的なメインテナンスに至るまでの流れのことをいいます。
お口の健康を守っていくためには、まずはお口の中の状態を知ることが大切です。
歯を失う原因の約90%が虫歯歯周病です。
その虫歯と歯周病を発症する前、またはごく初期のうちに発見し、治療と予防をすれば、生涯自分の歯を健康に保つことができます。

診療の流れ

初診

image

まずは受付にて、問診表を記入していただきます。
現在困っていることや治療の希望など記入していただいた問診表をもとに、スタッフがお話を伺わせていただきます。
当院では、緊急の患者さんを除き、すぐに検査や治療に入ることはいたしません。

検査

image
歯周病の検査

専用の器具を使用して、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)を測定していきます。
歯周病に罹患しているところはこの溝が深くなっています。
また、検査時に炎症があるところには出血がみられるため、出血の程度も調べていきます。

image
レントゲン

虫歯や歯周病の程度や進行具合などを詳しく調べます。
目では見えにくい場所の虫歯や歯周病を検査したり、歯の根の病気を見つけることもできます。

image
口腔内写真・顔貌写真

現在のお口の状態を目に見える形で知っていただき、どのようにして虫歯や歯周病を改善していくか、もしくは健康な状態を維持していくかをご提案します。
お口の中に鏡を入れさせていただき、お写真を撮影していきます。

image
サリバテスト(唾液検査)

唾液を調べると本当の虫歯の原因がわかります。
原因は主に3つで、虫歯菌の数、歯を守るチカラ、食生活です。
この3つの原因が重なり合うことで虫歯になってしまいます。
唾液検査では、唾液の量とチカラ、虫歯菌の数を調べさせていただき、虫歯になりやすさを検査します。

応急処置

image

痛みがある時は、まず最初に痛みを取り除きます。
また、その他緊急性のある歯があった場合は処置を行います。
状態によって処置を複数回に分けて行う場合もございます。

検査結果説明

image

検査結果をもとに、現在のお口の状況と虫歯や歯周病のリスクについて詳しくご説明します。
虫歯、歯周病になる原因はひとりひとり異なります。
虫歯も歯周病も、感染症であると同時に生活習慣病であるからです。
検査結果から、ひとりひとりのライフスタイルやご希望に合わせて、今後どのような治療や予防が必要かを一緒に考えていきましょう。

歯周病治療

image

歯周病とは、歯ぐきに炎症がある状態で、細菌の毒素によって歯を支える骨が溶けてしまう病気です。
しかし、歯周病はあまり自覚症状がなく進行していってしまう病気であるため、実際は多くの人が歯周病に罹患してしまっているのが現状です。
また近年では全身疾患(糖尿病、心疾患など)とも歯周病は関連しており懸念されています。
歯周病の方は、虫歯の治療をしても出血などの影響で詰め物や被せ物が外れやすくなってしまったり、治療後の痛みも出やすくなってしまいます。
そのため、虫歯の治療よりも先に歯周病の治療を行います。
歯周病治療の第一歩は正しい歯磨きからです。
正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。

再評価1.

歯周病治療によってどの程度歯周病が改善されたかを調べます。

虫歯治療

image

治療が必要な歯を治していきます。
当院では、最小侵襲治療といって、できるだけたくさん歯を削らないように治療を行なっています。
詰め物、被せ物にもいろいろな種類がございますのでご相談下さい。

再評価2.

これまでの治療で症状やお口の中の環境がどのくらい改善されているかを調べます。
検査結果をもとに、お口の健康を保つために今後の予防プログラムを確認します。
メインテナンスに移る前に、あらためて歯磨きがきちんと行われているか確認をして、歯磨き指導を行います。

メインテナンス

image

新たな虫歯の発症や歯周病が進行していないかを調べます。
セルフケア(主に歯磨き)の状態をチェックし、より良くするための指導を行います。セルフケアで取りきれない汚れや、必要があれば歯石の除去を行います。

メインテナンス頻度:3〜6ヶ月に1回

ページトップへ戻る